サイダータウンのホームページはこちら
     
    ←ポチッと→にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

    ネーミングセラピーを購入できる場所はココ!

    ネーミングセラピー

    執筆、講演等の依頼はこちらまで

    yayoyayo841yayo@hotmail.co.jp


    おすすめ記事

    きょうひさーしぶりに

    小学校以来のいじわるに二回ほどあい

    びっくりこいてしまった

    人生にはよくあるものであるが

    けっこうひどいので

    少しあきれてしまった

    しかし

    小学校のも記憶に残るほどつらかったが

    今回も結構ひびき

    何時間もというかいまだにひきづっている

    しかし

    自分がひどいいじめと思っているだけで

    そこにひどく感情移入しないでドライに流せば

    いいというのは自分の経験上よくわかる

    うん

    流せばいいのである

    人生にはよくあることである

    そのおかげで

    ブログまた始められたではないか

    よかったよかった

    としておこう

    小学校の時と違うのは

    いじわるということに適応できるようなった

    大人の私がいるということ

    そうしてそのいじわるというかおしおきに

    あんまり知能の高い人はいないという事実が

    わかっているということ

    また、いじわるされた自分にも多分に責任があるということ

    また、いじわるとおもってしまう過剰反応な自分がいるということ

    それがわかっていれば大丈夫

    また

    明日が生きられる


    今日のことはちちんぴぴい風にとんでけ!
    ←ポチッと→にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
    にほんブログ村
     
    最近、仕事の忙しさにかまけて

    自分の本来の仕事作家業をなんにもしちゃいなかった

    そこへ依頼があった

    本当にうれしい限りである

    そのおかげでおもたい腰をあげることができた

    ホップステップのホップの下準備が一番やっかいである

    なにせ最近なんにもしていないので

    腰がとってもとっても重かったのである

    しかしなんとかなんとか書き上げた

    今日の名前の方は

    技術色の強い名前をもってらっしゃるおかげで

    私もすごく励みになった

    私もがんばろうと思えてきた

    そんなきれいな名前の持ち主であった

    私はそんな方々と名前を通して日々お会いすることができる


    なんて幸せなことだろうっておもう

    それで名前を紐解いて使命をいってあげる


    人はそれをセラピーと呼ぶ

    なぜなら

    自分の名前は生まれた時から

    ずっとずっと自分とともにあり

    何千回、何万回と唱えられてきた名前

    心臓がバクバクしたときも

    おしっこをもらしそうになったときも

    好きな子ができたあのときも

    いつも自分と一緒で

    しかもその名前を唱えただけで

    心が落ち着く

    だって

    名前は誰かの無償ギフトなんだ

    アフリカでは名前がその人の職業を示す地域があるそうだ

    メディスンマンだとしたら

    薬で人をなおす職業とかね

    名前は自分の使命がやどっています

    自分の氏名がきになっているときはそれは氏名を紐解いて

    使命を果たす時がやってきたということ

    今こそみんな自分の名前の意味を解き明かし

    使命をはたしあげてください

    今日もいってらっしゃい!
    ←ポチッと→にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
    にほんブログ村
     
    久しぶりのアップである。

    少し腕がなる

    久しぶりはとても新鮮な気持ちになる

    また始められるから

    旦那が学生になり

    遠距離結婚となったが

    なんらかわりはない

    ただ3から4時間睡眠が

    10時間睡眠になった

    不思議である

    よく眠るようになった

    やはり受験生がいるので

    眠られなかったのだな

    と自分を振り返る

    いま思うとよくやったと思う

    ベートーベン8 Cマイナーピアノソナタ

    がなっている

    小さいころ クラッシックをきいたら文字通り

    くらっとなったくらい

    全然おもろくもなんともなかった

    入り口が学校で聞かされるというのが

    よくないんじゃないかな

    好きな子とじっくり放課後に一曲かけたクラッシックのほうが

    よっぽど耳に残る

    そんなわけでいまこんなとしになって

    ベートーベンの良さがわかってきた

    遅い春

    なんてドラマのあるスター性の豊富な

    スカーレットオハラみたいな

    真紅のバラが似合う曲をかけるんだろう

    じっと夜中に耳をすましていると

    すごくいいでないか


    こんないい曲なんでいままでほっといてきたのかわからない

    ずっとずうっとずっときかなきゃわからないんだな

    音楽って

    音楽耳を作るって

    小説を読むのににてるな

    だって小説だって最後まで読むことを何回か練習しないと

    読めないもんね

    読み癖っていうのかな

    必ず

    必ずおもろくなるから

    我慢してよめ

    みたいな経験が

    ないと

    一冊読めやしないな

    そのうちどんどんどんどん

    その深淵にはまっていくのが

    芸術のおもしろさだな

    私はそんな大きなところに挑もうとしているんだな

    でも

    私は浅瀬でいいな

    そんなだいそれたものかけるわきゃないもの

    みんなに読んでもらって

    みんなが何かしら自分の日々の生活に

    ヒントになれば

    みんなの役に立つような

    そんな匂いがかげる

    そんな本が書きたいんだ

    コーヒーをひさーしぶりに飲んだ

    甘ーくして飲んだ

    ミルクなしの

    黒い甘いコーヒーを飲みながら

    ベートーベン

    なんて上品な美しい響きをつくるんだろう

    真っ赤なバラと真っ黒いコーヒーを

    真っ赤な血が流れる私が聞いて読んでいる
    ←ポチッと→にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
    にほんブログ村
     
    わたしの仕事はみんなが私に期待してくれてる

    何かやってくれるんじゃないかって

    だから期待にこたえたい

    でも

    なまじっか応用ができるけど

    きほんのことは何一つ抑えられていない

    だから

    社長に

    「なめんなよ
    ゆっくりていねいにやれ
    あせらずに」

    と言われるんだ

    わたし

    なんでこんなに焦って

    話したり行動してたりするんだろうな

    もっと心をおおらかに

    ゆっくりやるべきなんだなきっと

    でも急いで急いでやらないと

    やれない時期があるってことも痛いほどわかる

    だから

    だから

    焦ってしまうのかもしれない

    焦って結果はいいかというと

    ほとんどいいためしはないが

    あせらないでやった仕事は遅いとなる

    だったらどうせいというのか

    と思うこともある

    だけど中庸が一番難しい

    中をずーっとキープできる人

    それが適当である

    適当ってすごい言葉である

    だから私は

    高田純次みたくなりたいのである

    あの人絶対超まじめな人でなんではないかと思う。
    ←ポチッと→にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
    にほんブログ村
     
    やりたいことが山のようにある

    ある種

    だんなが一人単身で遠距離婚になるのは

    わたしにとっては

    すごくいいことなのかもしれない

    なぜなら

    お互いやりたいことが山のようにあるのだ

    旦那は勉強があるし

    私は私で山のようにやりたいことが

    あり

    それをやりたくてやりたくてしょうがない

    旅行の総合の国家資格とりたいし

    企画も考えたい

    ホームページもバージョンアップできるよう

    かきためたいし

    また

    読む本も山のようにたまっている

    中国茶をのんでゆっくりしたいし

    友達ともゆっくりはなしたい

    まずは

    神頼みでないけど

    お伊勢さんに3月24~行くので

    「ありがとう」

    を胃の一番にいいたい!

    だってここまでこれたのは

    きっとどっかのどなたかが

    人間の力でないものの働きもあったかもしれない

    くらい

    とってもいい結末を迎えることができた

    大瀧詠一の幸せの結末だ

    幸せな結末

    キムタクと山口智子ならロンドンで式をあげるところだ

    私と旦那は式こそあげないが

    まいあがる気持ちはおんなじである

    でもここで勝ってかぶとの尾をしめよである

    やりたいことをやるために生きているのである

    なんでこの年になってまでやりたいことを我慢する理由が

    あるだろうか

    若い自分ならまだしも

    若い自分にやりたいことをやれる

    世代はやっと最近の世代の人たちだと思う

    でもでもタイミングはばっちりあってきた

    思えば思えばつらい苦渋を飲んだ時期が

    旦那も私もたくさんあった

    つまりはやりたいことができなかったのだ

    仕事、環境、自分の幸せ感

    など

    総合してぜーんぶ幸せでない過去があった

    みなさん

    指のどっか一つでもけがしてごらんなさい

    ずっとそこで気を揉んで

    体全体自分全体でそこを気になさっているでしょう

    だから幸せもどっか痛めていたら

    幸せでなくなってしまう

    だから芸術と一緒で

    幸せも自分総合プロデュースの結果である

    自分という人間の素材でカードで

    いかに人生を楽しく生きるかで幸せかどうかが決まる

    人は全部うまくいくなんてありえないので

    若いころにあんまりうまくいかなかった人は幸せだと思ってほしい

    だってあがるしかないもの

    このあとは

    長い冬のあとは 雪解けと 春が待っているのである

    遅い遅い春が

    私にも到来した

    あれもしてえこれもしてえ

    これが春の正体であった
    ←ポチッと→にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
    にほんブログ村